太ももの内側のたるみは鍛える?知っておきたい原因と改善について

太ももの内側のたるみは鍛える?知っておきたい原因と改善について

脚の捻じれが原因で起こるたるみ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太ももの内側のたるみは少しきつめのパンツを履くと目立ってしまったり、ショートパンツを履くと、ムニッっとスライムみたいに出てしまいそれが気になって好きはパンツさえも履けなくなる。

そんなときふと雑誌でみかけたエクササイズをして鍛えているけど、あまり効果が見られない。太ももの内側のたるみはどうすれば改善できるのでしょうか。

それは、脚の捻じれを直し、循環の改善を行うことです。今日はこの太ももの内側のたるみの改善についてお伝えしていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

まっすぐな脚になろう!脚が歪む原因と改善について

脚やせ=筋トレ!?マシンで筋肉を鍛えると脚が太くなる可能性がある理由

太ももの外側がポコッと出る脚の膨らみの原因と改善について

 

太ももの内側がたるむ原因

女性は身体への悩みは尽きず、年齢に関係なく自分が目指す理想の姿を追い求められると思います。

そんな女性の方は、脚についての悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。特に太ももの前側、外側、そして今日お伝えする太ももの内側に対しての悩みがある方は少なくないと思います。

太ももの内側はなぜたるんでしまうのでしょうか。そして、どうすれば太ももの内側を引き締めることができるのでしょうか。

結論から言えば、それは歪みや循環の悪さがひとつの原因として考えることができます。その歪みや循環を良くすることで太ももの内側を引き締めることができます。

現場で女性の脚がどのように変化をしていくのかを常に見ていますが、やはり脚が細くなった、太ももの内側が引き締まったと実感される方は歪みが改善し、まっすぐな脚に近づいています。

違う言い方をすると、人間本来の自然な状態であれば太ももの内側が目立ってたるむこともないのかもしれません。

人間の身体は良くできており、自然な状態に直り、脚の捻じれや歪みが改善できると筋肉は横に広がっていたものが縦に伸びるようになり、太ももの内側のたるみも引き締まったように見えます。

逆に脚が歪んでしまうとその歪みの影響で筋肉や脂肪が本来あるべき位置からずれてしまい、局部のたるみの原因になってしまいます。

それが太ももの内側にたまってしまうということが起こります。

もう少しイメージしやすいように、画像を使って説明していきたいと思います。

 

太ももの内側がたるんでしまう具体的な原因について

まず、この骨を見てください。

脛骨

下半身の骨になりますが、人間の身体はこの骨の上に筋肉や脂肪がついています。

こういったまっすぐな脚に憧れる方も多いと思いますが、太ももの内側がたるんでしまう原因はこの股関節や膝関節が捻じれてしまうことがひとつの原因です。

僕の脚で表現するのはあまりいいことではありませんが、僕の脚は内側に捻じれるような形をしています。まず画像だけみていただくと、なんとなく歪んでいるということがわかると思います。

脚の捻じれ

ただ、具体的なイメージがつきづらいと思います。続いてこの次の画像をご覧ください。

膝の内側

丸がついているところがポコッとなっているのがわかるでしょうか。これは脚が捻じれることでこの部分が影響を受け、脂肪がこの部分に集まります。するとそこだけたるんだようになります。

またつま先の親指側をよく使うように過ごしていると、この太ももの内側の筋肉が使われ、その筋肉が膨らんできます。

膝上のたるみもこのようなことが原因ででき、歪みを改善することが膝上をすっきりするポイントでもあります。

この例では膝上辺りの筋肉や脂肪が膝の内側あたりのたるみとして出ていますが、太ももの付け根に近い部分は股関節が捻じれることで太ももの内側に影響が出てしまい、たるみを感じるようになります。

脚の捻じれが原因で起こるたるみ

このように股関節や膝関節が捻じれることで、部分的なたるみを感じるようになりますが、股関節などが捻じれるということは、その周囲にある組織も捻じられます。

ホースを捻じると水の通りが悪くなるのと同じで、血流やリンパ液の流れが悪くなり、リンパ液の中には脂肪組織や老廃物も流れるため、循環が悪くなることでそれらが下半身に溜まってしまい、それが太ももの内側や脚を太くしてしまう原因にもなります。

太ももの内側を引き締めるためには、まず歪みを改善し、そして循環の改善を行うことで太ももの内側は引き締まっていきます。

 

脚が歪んでしまう原因とは?

歪みがあることで太ももの内側がたるんでしまうということは、なんとなくでもイメージしていただけたかなと思いますが、そもそもなぜ歪んでしまうのでしょうか。それが分かれば日頃気をつけるべきことも見えてくると思います。

その原因は日常の中に潜んでいます。みなさんの生活習慣こそが脚を歪めたり、捻じる原因となることがほとんどです。

座り方

椅子の座り方

股関節が歪んでしまう原因のひとつにこのような座り方がありますが、女性の場合スカートをはいて仕事をすることがあると思いますが、このように膝を内側に閉じるようにすることで股関節が歪んでしまう可能性があります。

このような姿勢を続けることで股関節に捻じれができ、この捻じれが原因で太ももの内側にたるみがでてしまいます。

下着が見えないようにするために、致し方ないところもあるかもしれませんが、こういうところに注意を向けることで身体を変えるポイントになります。

改善策とすればパンツに変えるか、膝上にブランケットのようなものをかけるなどをすれば下着が見えることもありませんので、脚をこれだけ内側に締めるような姿勢にならなくてもよくなります。

後でご紹介していますが、脚の歪みを改善する方法をいくら行っても、根本原因がこの座っているときの姿勢であれば、この座り方を変えない限り歪みが出てしまい、太ももの内側にたるみが出てしまいます。

こういった座り方も太ももの内側がたるむひとつの原因として考えることができます。

地面での座り方

これは、先日セッションでクライアントさんの脚が捻じれる原因を探っているときに分かったことですが、地面でも座り方も脚の捻じれの原因となる可能性があります。

地面に座るときに、お姉さん座りをする方がいると思います。

座り方

この座り方は、股関節が捻じれてしまい、太ももの内側のたるみに関係する可能性があります。

両脚を外側に出すような座り方もそうですし、以下のような片側に脚を出すお姉さん座りは問題があります。

脚を横に出して座る

このような座り方を日頃からしている方は、脚が捻じれる原因として考えることができます。

自転車に乗るときの姿勢

ペダルのこぎ方

これは座り方から派生した原因として考えられることですが、スカートで自転車に乗るとどうしても下着が見えてしまいそうになることがあります。

特に前から男性が歩いてきたりすると、どうしても下着を隠そうと膝を内側に倒すようにペダルをこいでしまいます。

これがくせになると座り方と同じで、脚は捻じれ、それが原因で太ももの内側にたるみが出てきてしまう可能性があります。

立ち方、歩き方

脚を細くシリーズでは何度もお伝えしていますが、最近の学生は特にこのような脚の使い方になっています。

日頃の立ち方

内股にするように立ったり、この状態で歩いたりしていますが、これでは自ら歪みを作っているのと同じです。このように立ったり、歩いたりすることで股関節は内旋といって、内側に捻じれるようになります。

脚を内側に捻じりながら歩く 脚を内側に捻じりながら歩く

そうすると太ももの内側にたるみができてしまったり、太ももの外側もポコッと出っ張ってしまいます。

太ももの外側は張ってパツパツ、内ももはプニプニというのはこのような歪みが原因でなり、脚を細くするため、または美しくするためには、何度もお伝えしますが歪みを直すことです。脚を細くするためには基本は同じだということです。

あくまでここでお伝えしている原因はひとつの例として挙げていますが、みなさんが太ももの内側のたるみで悩まれている場合、仕事や日常生活の中で何か歪みができる姿勢や動作があり、それを改善する必要があります。

ただ鍛えるだけではこの歪みが改善されず、いくら鍛えても引き締まっていかないのはこういう理由があるからです。

 

太ももの内側のたるみを改善するためにすること

実際に現場でこのような相談をされた場合、身体調整などで歪みを改善し、その歪みの原因となる姿勢や動作をみつけ、歪まないような姿勢などを指導していきます。また循環も悪くなっていることが考えられるのでリンパを流す必要もあります。(人によって異なりますが。)

基本的なことは、太ももの外側がポコッと出る脚の膨らみの原因と改善について でお伝えしている手順になりますが、まずみなさんに理解していただきたいのは、体重支持ポイントを理解するということです。

体重支持ポイントを理解する

多くの方が親指の付け根で立っていたり、つま先で体重を支えていますが、体重を支持するポイントはこの位置になります。

体重支持ポイント

脛骨の真下や足の裏全体を感じれる位置で体重を支持していきます。そうするとこのような位置になります。

体重支持ポイント

足裏はこのような体重分布になっているといわれており、この体重分布になるためには先ほどの赤いポイントの位置で体重を支持することで実現することができます。

マルカルドの体重分布という考え方は、人間が本来の自然な状態になれば上記のような3点支持で立っていると言われています。

この3点で体重を支えることで、足のアーチが適切に保たれ、アーチが適切に保たれるということは、脚にかかるストレスも分散されるようになります。

またこれが自然な状態ですので、この体重支持ポイントで過ごすことで、上にある関節も自然な状態に直っていきます。

この位置で体重を支持することで上にある関節の歪みは整っていきますので、この位置を理解することが重要となります。そしてその状態でしゃがみ込みを繰り返したり、日常を過ごすことで歪みが改善され、太ももの内側のたるみも改善していきます。

ただここで大切なのが、みなさんがこの歪みがどのように歪み、それの原因が何かを”理解”することが重要で、それをどうすれば改善できるのかを脳の中にインプットすることで本当の意味で改善ができます。

文章で伝える難しさをいつも感じますが、みなさん自身が原因や歪みを理解することがそれぞれになってしまうためそこが問題点となります。だからブログで書いているエクササイズをやって、身体に変化があった方からも報告をいただきます。

思ったように結果が出ない方もいると思いますが、それは原因や歪み、具体的なポイントを理解することができず、ただ何気なくやってしまっていることが次に問題点としてあがってきます。

今日の内容では、まず太ももの内側のたるみがなぜ改善できないのか、そういう基本的なところを理解していただければとうれしく思います。

歪みを直す動き

次に重要なことが脚の捻じれを改善することです。

先ほどから脚が捻じれるとお伝えしていますが、そもそも骨自体が曲がるということは先天的にないのであれば骨が曲がっていることはありません。

骨と骨をつなぎ合わせている関節で、うまく噛みあっていなかったり、どちらかが内側へ、どちらかが外側へ捻じれる。

これがいわゆる捻じれであり、これは筋肉の緊張のバランスが崩れることで起こります。

脚の捻じれを改善するためには脚の筋肉を緩めることです。そうすると、脚の捻じれは改善していきます。

現場で脚の歪みを改善するために行うのが、下肢の連動です。

これをしていただくことで脚の捻じれが改善され、上記で紹介した体重支持ポイントに自然に乗ることができるようになりますので、ぜひお試しください。

股関節の調整 股関節の調整 股関節の調整 股関節の調整 股関節の調整 股関節の調整

  1. 脚を肩幅に開く
  2. 踝の外側を地面に軽くこするように膝・股関節を曲げていく
  3. 緊張のない位置まで股関節を曲げる
  4. そこから踝の外側を地面に軽くこするように膝を伸ばしていく
  5. 膝が伸びきる手前から太ももを内側に捻じるように膝を伸ばしていく
  6. 太ももが内側に軽く捻じれられたところまでいき、開始ポジションに戻る

言葉で調整を表現するとこのようになりますが、具体的になやり方はこちらをご覧ください。

この調整でのポイントはできるだけリラックスし、気持ちよく動かすということです。

気持ちよく動かすために早く動かそうとしたり、力を入れてしまうとうまく調整もできませんので、動画のようにリラックスした状態で動かしてください。

ここまでお伝えしたように、太ももの内側を引き締めるためにはまず歪みを改善し、体重支持ポイントを理解します。

そしてなぜ歪んでしまうのか、日常に潜む原因を理解し、日頃どのような姿勢や動作をすればいいのかを理解し、実践できれば太ももの内側は引き締まっていきます。

ここまでの流れを行っていただくだけでも太ももの内側のたるみを改善することはできると思います。

ただ、女性の場合、むくみがあってたるんでいるように見えることもありますので、次はむくみの改善についてお伝えしていきたいと思います。

リンパについて

リンパマッサージをするときの手順を理解することで、流れを良くすることができます。基本は上から下へ流していきます。

リンパ液は、鎖骨下リンパ節で静脈に合流し、排出されていきますが、この静脈にうまく流すことが循環の改善につながります。

これだけ言われると???な方もいると思いますし、あまり役立たないかもしれません。

リンパを理解するためには、高速道路をイメージしていただくとわかりやすいと思います。

リンパの流れ

高速道路=リンパの通り道。車=リンパ液。高速道路の入り口は、いろんなところにあり、実際にリンパ液が流れ込む入り口は毛細血管ですので、いろんな箇所にあります。

基本的にはこの高速道路は一方通行。人間で言えば、下から上に流れます。

その途中には、膝窩リンパ節や乳び槽といったサービスエリアがあり、そこを通らないと次にいけない。

出口は鎖骨下リンパ節で、そこから一般道に合流し、その一般道は血管であり静脈です。ここに流すことができればむくみが改善されると思っていただいて大丈夫です。

さて、どうすればむくみを改善できるのでしょうか?

仰向けの状態で上から下に開放していく

高速道路は渋滞している状態で、出口である鎖骨下リンパ節が詰まっていることが多くあります。

このような渋滞では、いくら後ろにいる車がクラクションを鳴らしても、エンジンをふかしても前の車が通らないことには前に進めません。

これと同じで、むくみを改善するときはまず出口である鎖骨下リンパ節を開放する必要があります。

ここを開放してから足に向かって順に解放していきます。

鎖骨下リンパ節への刺激

そして、腋窩リンパ節、乳び槽、腸骨リンパ節、鼠径リンパ節、膝窩リンパ節、足首の動き。

この順位刺激を加えたり、動かしたりします。

具体的なやり方については、以下のリンク先でご紹介していますので、こちらを参考にしていただければと思います。

リンパの刺激も基本的には痛さは感じないように、ただただ気持ちよく呼吸をしたり、擦ってもらったり、動かしていただければ十分です。

また身体を気持ちよく動かすだけでも、むくみは改善されますので、こちらも参考にしていただければと思います。

 

太ももの内側を鍛えても引き締まらない理由

レッグエクステンション

ここまで太ももの内側を引き締める考え方などについてお伝えしていきましたが、まずは歪みを直してまっすぐな脚に直すことが必要だということになります。

ただ、一般的に行われていることと言えば、太ももの内側がたるんでいるから太ももを鍛える、たるんでいる箇所=鍛えるというシンプルな考え方になってしまっており、方程式のような扱いで根本の原因が考えられずトレーニングに取り組んでいる方が多くいます。

ただ鍛えるだけではある程度の成果が見られても、ある程度の変化であり、最も重要なことは自然な状態に直すことです。それができれば脚の引き締まりも感じると思いますし、もしそれでもさらに引き締めたいとなれば、脂肪を減らすことを考えたり、その他のステップへと移ると思います。

鍛えるから細くなるのではなく、もっと根本を見ていく必要があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。太ももの内側のたるみを引き締めるためには、歪みを改善し、循環を改善すること。決して鍛えることがすべてではなく、こういうところにも目を配ることでこれまでうまく改善しなかったこともまた違う変化を感じれるようになります。

一般的に言われていることがすべてではなく、まずは自然体にすることが基本ですね。それを知っていただけるとさらに身体も変わっていくと思います。

最後に今日のまとめをしていきたいと思います。

  • 太ももの内側がたるむ原因は、歪みの影響で筋肉や脂肪が移動するため
  • たるみを引き締めるためにはまず歪みを直すこと
  • そしてなぜ歪むのかその原因を脳で理解する
  • 体重支持ポイントを理解し、原因となる姿勢や動作を改善する
  • リンパの流れを良くするためにリンパのことを知り、リンパを刺激する
  • これを継続することで太ももの内側は引き締まる

このような内容でお送りしていきました

今日の内容が少しでも参考になればうれしく思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ヒールでの歩き方

    ヒールを履いたときの歩き方|太ももは細くしてヒップアップさせる

  2. 太ももの外側

    ふくらはぎの外側が張り出す原因と改善について

  3. ふくらはぎの内側

    ふくらはぎの内側に筋肉がついているように太く見える原因と改善について

  4. 太ももが太くなる原因

    太ももの前側の張りを無くそう!女性がやってしまいがちで逆効果なトレーニ…

  5. 太ももの外側

    太ももの外側がポコッと出る脚の膨らみの原因と改善について

  6. お尻

    お尻の外側にある脂肪が溜まってしまう原因と改善について

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 コースについて
  1. まっすぐ立ち上がる
  2. 時間が伸び縮みする
  3. コンディショニング
  4. 肩こり
  1. スポットパーソナルトレーニング
  2. 出張パーソナルトレーニング
  3. 月会員パーソナルトレーニング
  4. ブログコンサルティング
  5. 野球パーソナルトレーニング

お客様の声一覧

  1. 野原直人
  2. 松田拓也
  3. 池ノ上茜
  4. 江成瞳
  5. 南部麻衣