インステップする理由とは?野球選手が知っておきたい身体のこと

インステップする理由とは?野球選手が知っておきたい身体のこと

足の踏み込み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身長の高い投手がインステップで投げられると恐怖心が出てきて、打てなかったことを覚えています。

現在楽天ゴールデンイーグルスに所属する片山投手は、僕の1歳年上で当時報徳学園でエースでした。

当時の報徳は甲子園にも出場しており、強かったのですが、このときの片山投手の威圧感は半端ではなく、僕はデッドボールを指に受け骨折。

相手に威圧感を与えられ、インステップをして投げることはそういう意味では投手の武器になります。

ただ、インステップするだけ身体を捻ったり、肩肘への負担が増すことも考えられ、レベルの高い選手になれば安易にインステップはやめた方がいいとは言いづらくなります。

今日は、そういったことはひとまず置いといて、自然にインステップをしてしまう方はなぜそうなるのか。またインステップは野球人としてはプラスになるのかどうか。

そういったことをお伝えしていきたいと思います。

こちらは有料(480円)になりますが、動画を使って改善策をより詳しくお伝えしています。

原因はブログで詳しくお伝えしていますので、まずはこちらの記事をお読みいただき、そこからご自身で改善したいという方は、noteを参考にしていただければと思います。

noteはこちら

 

なぜインステップしてしまうのか?

少年野球のときのことをふと思い出すと、監督に1本の線をひかれ、そのライン沿って脚がくるように投げなさいと指導を受けました。

当時は何も感じなかったのですが、中学、高校とそうして投げるとバランスが悪くなることはなんとなくわかっていました。

人間の身体の構造上、どういうステップが自然なのでしょうか?

2本の脚は離れてついている

2本の脚を1本のライン上に並べてしまうと、前後のバランスはとりやすいと思いますが、左右のバランスは視点になる幅が小さいのでバランスがとりづらくなります。

イメージとすれば、脚立がわかりやすいと思います。

脚立

この脚立は少し広げるとバランスがとりやすいですが、閉じた状態で脚同士をくっつけるようにしてしまうと、立ったとしても非常に不安定です。

人間の場合、股関節から脚が生えている状態で、大腿骨頭(太ももの骨の付け根)の位置から考えると、拳1つ分ぐらいの足幅を開いた状態がバランスがとりやすくなると思います。

足幅

このぐらいの位置に2本のラインを引き、投球動作を繰り返してみるとバランスが良くなることがわかると思います。

体重移動

つま先に加重するとインステップする

インステップする理由は、つま先に体重がかかってしまっているからです。

つま先に体重がかかると回転の力が働くため、本来踏ん張らなければこの方向に倒れてしまいます。

重心移動 重心移動

これは打者も投手も同じで、つま先に体重がかかることでインステップになってしまいます。

もしくは、斜め方向に体重移動を行っているかです。

右打者の場合、投手の方へまっすぐ踏み出せば当然インステップしませんが、1・2塁間方向へ向いていれば投手に対してインステップしていきます。

多くの場合、インステップする原因は前者です。

このようなことが原因で、インステップをしてしまっています。では、インステップすることは身体の構造から考えるとどうなのでしょうか?

 

約60%は下半身で作られる

投手であれ打者であれ、下半身が重要だと言われます。

これは、全体のエネルギーのうち、約60%は下半身で作られているため、下半身がうまく使えないと大きなロスになります。

ボールが走らない、打球が飛ばないといったことが起こってしまいます。

では、下半身の使い方をどうすればいいのでしょうか?

踵で地面を押す

体重移動をするときに、よく「母趾球で地面を押せ」などと言われますが、つま先側で地面を押してしまうとあまり力が入りません。

踵で地面を押す方が力強く地面を押せることがわかります。

実際に、やってみるとわかります。

体重のかける位置

この2つのポイント、踵とつま先。それぞれ地面を押すように体重移動をしてみてください。

体重移動

そうすると踵で地面を押した時の方が、力強く地面を押せると思います。

ということであれば、下半身で加速することができ、そこで生まれたエネルギーを上肢へと伝え、バットなりボールなりに伝えることで、より大きな力を生むことができることになります。

このようにインステップをするということは、意図的に相手に恐怖心を煽り、精神的に優位に立てるという見方もできます。

また、下半身で大きなエネルギーを作り出すという点から見えればまっすぐステップした方がいいということになります。

これはレベルが高くなれば生活がかかっているということもありますので、一概にどちらがいいという安易なことは言えませんが、こういう選択肢の中で投手なり、打者なりと向き合っていく必要が出てくると思います。

 

インステップを修正する方法

もしインステップを修正しようとしている選手は、このように考えて取り組むと改善できると思います。

やり方は非常に簡単で、

  • 体重支持ポイントを踵にする
  • 踵で地面を押す
  • ステップする位置を変える

これらを行っていきます。

体重支持ポイントを理解する

まず、体重支持ポイントの位置ですが、この位置をイメージします。ちょうど踝の真下の位置になります。

体重支持ポイント

この位置に体重を乗せ、軽くジャンプして着地をします。

その場ジャンプ その場ジャンプ その場ジャンプ

最初は1回ずつだと難しいと思いますので、連続でポンポンポンッという形で小さくジャンプし、踵で着地できるように繰り返します。

これが意外と難しく、なかなか踵で着地することができません。

言い方を変えると、足裏全体でフラットに着地をしていくわけですが、多くの場合がつま先から着地します。

何度も繰り返す中でフラットに着地できるように調整していきます。

ステップする位置を変える

踵の位置が理解できるとここからはスムーズにできると思います。

そこから打者も投手も同じで、体重移動をしていくときのイメージを変えていきます。

そのステップしていく位置というのがこちらです。

足の踏み込み

踏み出した足は、軸足の踵の延長線上につま先がくるようにステップをしていきます。

踵で地面を押すことができると自然とこの位置にくるようになります。

体重移動を繰り返す

インステップを改善するためには、あとはこの位置にくるように体重移動を繰り返すだけです。

体重移動

打者の場合も同じです。最初は身体が開いているような感覚があるかもしれませんが、身体が開くわけではなくステップの方向を変えるだけですので問題ありません。

こういった体重移動のときのステップを繰り返し行っていただき、ある程度できると実際に投球してみたり、スイングしてみます。

このような手順で身体にステップをインプットできればインステップも改善することができます。

 

まとめ

今回は、インステップになる原因と修正の方法についてお伝えしていきました。

プロレベルの選手になれば大きくインステップをすることはひとつの武器にもなります。

阪神タイガースが優勝した年にJFKという勝利の方程式がありましたが、このウィリアムス投手は左投手でサイド気味に投げ、かつ大きくインステップして投球していました。

スライダーの切れが半端ではなく、右バッターが空振りをして身体にボールが当たるということがありました。

このように大きな武器として捉えることもできますし、身体の使い方としては踵で地面を押した方がより下半身を使うことができ、身体の負担も減るという点でプラスになります。

最終的には選手が決めることではあると思いますが、考え方としてお伝えしてきた通りになります。

  • インステップすることで身体へ負担が増す
  • ただ相手に恐怖心を与え、打者が打ちづらくなるというプラス面がある
  • より大きなエネルギーを得るのは、踵で地面を押す方
  • インステップの修正は、ステップ位置を理解した状態で体重移動を繰り返す

このような内容でお送りしていきました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 野球選手に伝えたいバッティングについて

    野球選手がバッティングを向上させたいときに覚えておきたい12のこと

  2. ストライドを伸ばす方法

    50m6.2秒の現役トレーナーが伝えるストライドを伸ばす”…

  3. 肩肘を痛めない投げ方

    野球選手が肩・肘を痛めない投げ方と痛みの原因について

  4. 筋トレのポイント

    筋トレを始めたばかりの人が陥る筋肉が大きくならない6つの理由

  5. 肩を痛めない投げ方

    肩が痛くなる投げ方の原因と具体的な改善例について

  6. コーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングとコオーディネーショントレーニングの違い…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 コースについて
  1. まっすぐ立ち上がる
  2. 時間が伸び縮みする
  3. コンディショニング
  4. 肩こり
  1. 月会員パーソナルトレーニング
  2. スポットパーソナルトレーニング
  3. 出張パーソナルトレーニング
  4. 野球パーソナルトレーニング
  5. ブログコンサルティング

お客様の声一覧

  1. 野原直人
  2. 池ノ上茜
  3. 南部麻衣
  4. 江成瞳
  5. 松田拓也