仕事でストレスを抱える理由10選!病気にならないために気をつけたいこと

仕事でストレスを抱える理由10選!病気にならないために気をつけたいこと
その他

スポンサーリンク

仕事で日々ストレスが溜まり、身の心もギリギリになっている方もいるのではないでしょうか。

もし、そうであればその状況が長く続くと、最悪鬱になってしまったり、病気になってしまったりするかもしれません。そうならないために先に手をうっておきたいものです。

今回は、そんな仕事でストレスが溜まっている方が、少しでもホッっとできたり、「そうそう!お前はわかってるやつだ!」と気分が和らぐ内容になればと思い、お伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

仕事でストレスを抱える理由10選

仕事でストレスを抱える理由10選

パーソナルトレーナーとして仕事をしていると、いろんな方から相談を受けることが多く、その中でも特に仕事に対しての相談が圧倒的に多い。

みなさん仕事でかなりのストレスを抱えられていますね。そんなこれまでお聞きしたストレスを抱える理由は、このようなことでした。

部下が全く思うように動かない

40代の女性のクライアントさんでしたが、20代前半の部下を持っており、その部下がいわゆる“今どきの男性”だったそうです。

全員が全員そうではないと思いますが、返事もろくにしない、ホウレンソウは皆無、会社のものを私物化するとひどい状態。

いくら注意しても改善されず、おまけにお腹が痛いという理由で遅れてきて、その連絡もLINEでした上、「すみませんでした。」の一言もなし。

うまくコミュニケーションがとれず、歩み寄ろうとはしているもの、全くうまくいかず。ただただストレスが溜まる一方だそうです。

同僚達に全く馴染めない

20代の女性が悩まれていましたが、同僚の男女共に仕事を無難にこなすが、どうしても会話などを聞いていると子供っぽく感じてしまう。

そんな中には入りたいとも思わず、いつも同僚たちとはあまりいない。だからといって先輩たちとも特別仲がいいわけではなく、どうしてもいろんなところに気をつかってしまいストレスが溜まる。

20代からバリバリ仕事ができるからこその悩みなのかもしれません。

新しい仕事内容が自分に合わない

去年から新しい仕事内容になったが、その仕事は自ら希望して受け持った仕事。ただ、実際に仕事に触れてわかったのが、外から見ているのと、実際やるのとでは全然違った。

外からでは見えなかった部分が当然あり、その部分が自分に全く合わなかった。すぐに元の仕事内容に戻れる状況ではあるが、どうしても社内の人たちの目が気になってしまい戻れない。

早く戻りたいけど、周囲の目が気になるという状況に非常にストレスが溜まってしまっているそうです。

お昼ご飯を食べに行ったっきり2度と帰ってこなかった

いわゆる『ぶっち』というもので、ある新入社員がお昼休憩のときに外出したそうですが、そのときラフな格好で行かず、着替えて荷物をすべて持って出たそうです。

それから2度を会社に戻ってくることはなく、失踪してしまったそうです。ただ、その状況に上司はただ笑っているだけで、「まぁ今どきの奴だったな。」という程度。

教育係をして、自分の仕事を後回しにしてまで教えたのに、出ていった社員にも腹が立ったし、上司のその甘さにも腹が立ったそうです。

こういうことが1回だけではなく、何度も続き、そういう会社の制度や仕組みを変えようとしない会社にストレスが溜まっているそうです。

パワハラが激しい

今はパワハラが問題になっていますが、実際にその方があったわけではなくある男性社員に対して、上司があまりにも辛辣な言葉を投げつけているそうです。

「お前はほんまにカスやな!」「シュレダーの紙がお前の晩飯や!」「死んでくれ!」平気でそんなことを言っているが、聞こえてしまう周りも気分が非常に悪くなります。

こういう会社で働いていること、そういう人がいることがストレスだけど、どうしようもできないと下を向かれていました。

とにかく働く時間と量が多い

学校の先生は本当に大変だと思います。小学校の先生がいらっしゃって、土日も関係なく、持ち帰りの仕事をされていて、さらに夜は、22時、23時まで仕事。

お昼ご飯も食べながら丸つけや、何か生徒達にトラブルがあれば、それにも時間が割かれる。おまけにモンスターペアレントの保護者の対応。

もう先生はパンク寸前で、これらすべてでストレスを抱えられていました。

学校関係で働かれている方の、就業時間や量は本当に異常と言ってもおかしくないぐらい、本当に膨大です。

理不尽に怒られる

保険会社に勤務されている方の場合、事故があったときに当事者や相手の方と電話対応することがあるそうで、事故をした後なので、かなりクレームが出るそうです。

相手は、少しでも多く保証をしてほしいため、強気になっていたり、事故後なのでカッとなりやすい傾向があるそうです。

それらの方に対応しなければならず、こういう感情的になってしまっている方を相手にすることは非常にストレスが溜まってしまうそうです。

自分の思い通りの成果が得られない

会社であれば役職に就いていたり、自分で経営をしている方は、自分が求めている結果や成果が出なかったときに大きなストレスを感じます。

人を動かす必要もあり、その情熱や熱意を伝えたり、さまざまなことを行動に移し、伝えてはきたもののなかなか成果に結びつかないと、苛立ちます。

こういった上を目指す方は、結果に満足しないからこそ、ストレスも溜まりやすいのかもしれません。

周辺にいる人の体臭がかなり臭い

ここ数日で4人の方が同じことを言われていましたが、新入社員や異動で入ってきた社員の体臭がかなり臭く、頭痛や吐き気までする。

そんな状況の中で、ずっといるのが苦痛でたまらないとのこと。1人の方は、置き型の消臭剤を買ってもらい机の上においても若干まだ臭うそうです。

体臭の問題は、本当にストレスになると思います。

あからさまに男性社員に媚びを売る女性がいる

テレビではよく笑い話としてみますが、会社には男性に媚びを売って色気を放つ方は本当に存在するそうです。

そういう女性は、やたらとボディタッチも多い。普通に見ていると、どれだけ裏のある女性かわかるのに、距離間の近い女性からボディタッチをされると、男性陣もまんざらでもない感じに。

そんな男性陣も含めて、こういう八方美人的な女性がいることがストレスになっているそうです。

このように、あげるともっと出てきそうな仕事で感じるストレスですが、こういったことが続き、身心が疲弊してしまうと病気につながってしまうので、リフレッシュや気分転換は忘れずに行っていたいところ。

 

リフレッシュや気分転換するためにおすすめしたいこと

リフレッシュや気分転換するためにおすすめしたいこと

そこで、ここからは、そんな仕事でストレスが溜まってしまっている方に向けて、僕がおすすめするリフレッシュ&気分転換方法をお伝えしていきたいと思います。

旅行へ行って仕事のことを忘れる

旅行へ行くと、独特の時間を過ごせるという方、非日常になるので自然と仕事から気持ちが離れられリフレッシュできると思います。

僕は、元々沖縄に住んでいて、沖縄の海を見に行って、ただただぼーっと時間を過ごすのって本当に贅沢ですし、波の音ってめちゃくちゃ癒されます。

逆に森林浴でもいいですよね。気になるスポットでもいいので、こうやって非日常の時間を過ごして、仕事のことは一旦頭から離して、気分転換してみてください。

旅行のプランを立てるなら、【ポイントバケーションリロ 】【Yahoo!トラベル 】【新幹線で行く、休日の旅 】などのサイトがおすすめ。

またちょっと変わった旅行で時間がある方だと、WOW!な船旅【ロイヤル・カリビアン・インターナショナル】 もありかもしれません。

レジャー施設などに行く

どこかへ行って思いっきり身体を動かしたり、キャンプをしたり、バーベキューをしたり、遊園地に行ってみるなんかもいいかもしれません。

レジャー施設も、気分転換におすすめの場所です。

もしレジャー施設などに行かれる場合、無料登録しておくだけでチケット購入時や予約をするときに割引が発生する【みんなの優待 】や【dエンジョイパス 】に登録しておくとお得です。

漫画や本を読み漁る

漫画をひたすら読むというのもいいのかもしれません。僕は、休日に本を読むことが好きで、本を読むと頭が整理できたり、賢くなった気分になり優越感が出てきます。(笑)

冗談はさておき、漫画で言えば、一旦漫画の世界に身を置いたり、恋愛もので疑似体験をすることでキュンキュンする。

そういう仕事を忘れる時間がそもそも気分転換につながるはずです。

さらに、漫画に詳しくないので、言うのはあれですが、ワンピースのような物語に触れることで「よし頑張ろう!」と思えることも増えると思います。

漫画の購入は【ひかりTVブック 】が便利で、今は書店で販売されている本を“耳で聞ける”というサイトもあり【audiobook.jp 】もおすすめ。

また、恋愛系は【ハーレクインライブラリ 】がおすすめ。

映画やスポーツを観る

以前、サンクタム [Blu-ray]という映画を見たとき衝撃を受けました。洞窟を数名の人で探検する話ですが、その中で事故やそれぞれの思惑がぶつかり人が亡くなっていく。

人が窮地に立たされたとき、どういう行動をするのか、そして、生きるとは何か、親子の愛情を通して人生について考えるきっかけになりました。

こういう運命の1本に出会ったり、ただただ映画を見て楽しむというのもおすすめです。映画を見たいという方は、【Hulu 】に登録すると、今なら2週間無料ですし、月額933円(税抜)で映画やドラマが見放題。

また、今年から大リーグ、エンジェルスに移籍した大谷翔平選手の活躍などを【WOWOW_新規申込 】をして観戦すれば、同年代で世界で活躍している選手の試合を観れます。

こういった映画やスポーツを見て、刺激を受けたり、改めて「仕事頑張ろう!」と思えるかもしれませんね。

出会いをみつける

僕は3人の子供がいて、奥さん含め5人家族ですが、家族との時間が何よりも気分転換になりますし、リフレッシュできます。

結婚していなくても、恋人と過ごす時間は、癒しの時間であり、楽しい時間になるはずです。もし、まだお相手がおらず悩んでいる方は、出会いをみつけることもいいかもしれません。

最近は、SNSで出会えるアプリが人気で、Facebookを活用して自分の友達には絶対知られない【Matchbook 】がおすすめ。

出会いをみつける段階からドキドキしますし、実際にはじめて会うときのことを想像してみてください。それだけでもう仕事のことなんか忘れてしまうと思います。

アロマ・マッサージなどに行く

誰かに触れられると、リラックスできるし、カチコチの身体を癒しにアロマのサロンやマッサージに行かれる方も多いのではないでしょうか。

アロマであれば、香りと施術者の優しいタッチが身体を癒してくれますし、ああいうところで仕事をされている方は、話を行くのもうまいので、悩みも相談しやすい。

的確なアドバイスをもらうというよりも、第三者に自分のもやもや、イライラを吐きだすことですっきりすることもあります。

しかも、相手は仕事ですし、そこまで嫌に思ったないですし、僕もいろんな相談をされますが、全く自分のストレスにはなっていません。

アロマやエステなどをお探しの方は、【EPARKリラク&エステ 】で調べてみてください。大手の検索サイトに載っていないところも掲載されています。

勉強する

これは実際僕の体験談ですが、僕は仕事でストレスが溜まるときに、相手のことを客観的に見れないときにストレスを感じます。

ですが、心理のことや相手がなぜそういう態度をとるのか、ということを前もって学んでおくと、感情的にならず、『なぜ、この人はこういう態度をとろんだそう?』などすごく冷静に物事を見れます。

自分に自信がない時に考えがちな5つのことと前向きになる6つの方法でもお伝えしましたが、徹底的に学ぶことでストレスの受け方が変わってきました。

そういう意味では、勉強することも気分転換、リフレッシュというよりもストレスを溜めすぎない予防策になると思います。

formie 】や【ここいろ 】などの通信講座で心理面の勉強をするのもいいかもしれません。

転職する

これは最終手段だと思いますが、今の会社が合わないと感じている方は思い切って転職をしてしまった方がいいと思います。

人生は有限ですし、1分、1秒も無駄にしたくありません。だとすれば、転職に迷ってるなら、してしまった方がもっと幸せになれると思います。

転職したい方は、こちらに無料登録してみて、どんな職場があるのか、探してみてください。

こういったことで気分転換をするなり、リフレッシュをして心のバランスを保ってほしいですね。

というのは、あまりにもストレスが重なってくると病気になる可能性があり、それだけは避けていただきたいですし、予防をしてほしいと思い、お伝えしました。

なぜストレスが溜まりすぎると病気になってしまうのでしょうか?次は、ここを少し解説したいと思います。

 

ストレスが溜まることで病気になる理由

ストレスが溜まることで病気になる理由

“ストレスは万病のもと”とも言われ、多くの病気の原因のひとつにストレスが関与していると言われています。

わかる気はするものの、どこか納得できない部分もあるように思います。ストレスと病気の関係は、以下のようなつながりが考えられています。

ストレスを溜めると交感神経が優位になる

まず、ストレスを溜めると交感神経が優位になり、いわゆる身体や心が興奮状態になります。

そうすると、心拍数や血圧が上がり、血管などは細く収縮してきます。

循環が悪くなり体温が下がる

気分が良いとどことなく身体も温かいけど、気分が悪い、落ち込むときは身体が冷えるということを経験したことがある方もいると思います。

実際に、ストレスが多くなり、血管などが細くなることで循環が悪くなります。そして、身体の末端に血液が流れづらくなり、循環に滞りが出てくると体温が下がります。

体温が1度下がると免疫力は30~40%下がる

体温が下がると免疫力が急激に低下し、風邪をひきやすくなったり、体調を崩しやすくなります。

体内にはがん細胞が常に常在していますが、がんが発症しないのは身体が持つ免疫機能のおかげで通常は発症しないようにできています。

ただ、ストレスが溜まり、体温が低下して免疫が下がることで、本来殺菌できるはずの癌細胞を死滅させられずがんになってしまう可能性があると言われています。

要は、ストレスが溜まると免疫力が急激に下がるので、病気へのリスクが高まってしまうということです。

まとめると、

  1. ストレスが溜まり、交感神経が優位となる
  2. 心拍数や血圧が上がり、循環が悪くなる
  3. 循環が悪くなることで低体温になる
  4. 低体温になると免疫力が低下する
  5. 結果がんなどの病気になる

この一連の流れが体内で起こるため、ストレスを溜めすぎることは病気になる可能性があるということです。

 

イライラを解消したい方にお伝えしたいこと

イライラを解消したい方にお伝えしたいこと

転職したらいい、リフレッシュすればいい、とお伝えしても、実際そううまくいかないものかもしれません。

そういう方は、まず溜まっているイライラを鎮めるために、自律神経を整えてみていはいかがでしょうか?

不思議なもので、副交感神経というリラックスモードになれるところを刺激すると、イライラもすっきりすることがあります。騙されたと思って、1度この腹式呼吸を行ってみてください。

腹式呼吸

  1. 仰向けになり、楽な状態で寝ておく
  2. お腹に手を置く
  3. お腹を軽く膨らませるように、鼻から軽く息を吸う
  4. 口から細く長く息を吐く
  5. この腹式呼吸を5~10分続ける

この腹式呼吸のポイントですが、ストレスが溜まっている方ほど呼吸が浅く、大きく息を吸い込めないと思います。ただ、大きく吸い込む必要はありません。

自分が気持ち良くできる呼吸を繰り返す。そうすると、徐々に呼吸に関与する筋肉が緩み、呼吸も“自然に”大きくなっていきます。

これを繰り返していくと寝落ちしてしまったり、ふわ~っと気持ちよくなってくることを感じるはずです。この呼吸法で副交感神経を刺激し、身心をリラックスさせていきます。

このとき、トリプトファンというアミノ酸が体内にたくさんあると、よりリラックスできるので、サプリなどでトリプトファンを摂っておくことも重要だと思います。

 

仕事のストレスが限界なら辞めた方がいい

仕事のストレスが限界なら辞めた方がいい

僕は、元々会社に属していた人間ですが、とにかく周りの人に合わせることが苦手だったし、いろいろ指示されることが極端に嫌いでした。

だから、会社に行っているときは、本当にしんどかったし、辛かった。毎日「地球爆発しないかな?」とか「今日休みとか連絡ないかな?」と思ってました。

10年前の僕の価値観だと、

仕事を辞める=逃げた

という感情が先行していましたが、今はそう思いません。

我慢して働くことは、自分には向いていませんでした。人生の大半の時間を仕事に使うわけなので、

仕事=幸せを感じる時間

となれば、人生の大半が幸せになると思います。全てがそうではないですが、会社に勤めているときよりも、圧倒的に1人で仕事をしている方が幸せです。

もしくは、今の会社以外の方が本当に幸せを感じれるのかもしれません。だとすると、ストレスが溜まりすぎて、「もう限界・・・」と思っている方は辞めた方がいい。

我慢し続けて自分を追い込んで自殺なんて考えだすと、本当に何のために働いているかわからないですし、もっと幸せに働けることは容易にできるはずです。

仕事をやめることは逃げることでも、恥じることでもありません。自分の意思を尊重できない方が恥ずべきことだと思います。

 

まとめ

他人と働くことは、100%ストレスなく働くことは難しいものだと思いますし、人はストレスがないと生きていけないことも事実です。

ただ、それが過剰になり、ストレスで一杯一杯になってしまうと本当に大切な自分の想いが消え、生きる希望さえ失ってしまうことがあります。

そうなると、自分の人生は何のためにあるのかが見えづらくなる。必ず人は幸せになれると思いますし、今よりも幸せになる道は必ずあるはずです。

あとは、1歩踏み出してそれを見つけにいけるかどうかだけだと思います。我慢で得られる幸せなそう多くないです。だとすれば、本当にあなたが手にした幸せを掴みにいった方がいい。

今回の記事が、あなたが変わるきっかけになればうれしく思います。今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

\スポーツ関連の転職紹介なら!スポナビ/

\PT/OT/STの転職紹介ならマイナビコメディカル/

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。