「新しいチャレンジ」は大きいな負担がかかるし「楽しい」とは違う。だけど僕はあえてやる。

「新しいチャレンジ」は大きいな負担がかかるし「楽しい」とは違う。だけど僕はあえてやる。
体験談・考え

スポンサーリンク

「新しいチャレンジ」をするということは、一方でワクワクするという綺麗なところがヒップアップされるし、人生変えたい!って本気で思っている方にとっては「楽しい」ってワードは魅力的だと思います。

実際に、新しいチャレンジは楽しい。これは間違いのないことなんだけど、そこばっかり見ていると、「こんなはずじゃなかった」って思うと思います。

不器用な人ほど、大きな負担がかかることを覚悟していた方がいい。かなりきつい。それでも人生変えたいならやるべきだと思います。

僕がこれまでいくつも事業を立ち上げていく中で感じたこと、今リアルに感じていることをお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

「新しいチャレンジ」は「楽しい」ことばかりじゃない

「新しいチャレンジ」は「楽しい」ことばかりじゃない

独立するにしても、転職するにしても、新しいことにチャレンジするということはそれなりの負荷が自分にかかります。

僕なんかは仕事ができるタイプでもないし、できないとわかっているから人よりも勉強しないとわからないし、行動して失敗を繰り返してはじめてつかめてくる。

仕事ができて、頭の賢い人は、ある意味効率よく、楽に仕事をこなせるタイプもいると思います。そういう人はかっこいいし、僕も憧れる。

そんな方はもしかすると、この記事でお伝えすることは「仕事のできない奴の意見」として捨てられるかもしれませんが、だからこそ仕事のできないとタイプの方は新しいチャレンジは負荷がかかることを改めて知っておいてほしいと思います。

 

なぜ新しいチャレンジをしたいのか?

はてな

僕はこれまでいろんな仕事をしてきて、全てにおいて感じていたことは何にも満足できなかったということ。

今までは、

  • 板前
  • パーソナルトレーナー
  • 出張料理
  • 家事代行
  • ブログ代行
  • ブログコンサル&運営
  • セミナー講師

これ以外にもいろんなことをしてきたけど、全てにおいて共通した自分の感情は、「もっと良くするためにはどうすればいいのか?」ということでした。

それぞれ1つ1つにそういう想いもありましたし、一番出てきた感情は、「自分の人生がもっと充実するためにはどうすればいいのか?」ということをずっと追究している気がします。

別にかっこいいことを言いたいからとか、そんなことじゃなくて、ただただ自分が生きている時間をもっと充実させて、自分が納得できる生き方をしたい。

それをみつけるためにいろんな新しいことにチャレンジしていってますし、これからもしていきたいと思っています。

 

ある程度結果を出せたからこそ辞める

ある程度結果を出せたからこそ辞める

新しいチャレンジをしたときに、やると決めた以上一定の成果を出したいし、結果を求めています。

全ての仕事において、本当にすべての時間をそこに注ぐと言ってもいいほど力を注ぎます。中途半端にだけはしたくないし、そういう気持ちが出てきたときには次にいくタイミングだとも思っています。

自慢するわけではないですが、パーソナルトレーナーとしても、家事代行もそれなりにできましたし、本当にたくさん学んで、喜んでいただけました。

だけど、僕自身ずっと物足りなさというか、自分の力不足を感じています。何に対してなのかというと、自分が求めているレベルに全く到達していないから、ずっと力不足を感じています。

その自分が求めることは正直言葉にはできなくて、感覚的で抽象的。でも確実に今人生を送る中で1つ1つ消化できていることは事実。だけど、納得ができない。

だからこそ、新しいチャレンジをしていかないと新しいものは得られないし、自分の人生がよくはならないと思います。

 

他人から見てじゃなく自分が思う幸せを追い求めていきたい

他人から見てじゃなく自分が思う幸せを追い求めていきたい

よく言われるのは、「楽しそうでいいね!」とか「幸せそうで羨ましい!」ということはクライアントさんなんかにはよく言われます。

確かに可愛い子供3人にも恵まれて、本当にいろんなことを考えてくれて、僕のことを思いやってくれる奥さんにも出会えて幸せです。

幸せなことは間違いないんですけど、僕が求める幸せはもう1つ別のところにあります。それが自分が求める、納得できる生き方をするということ。

自分が求める自分になるというところに幸せの基準があります。最低限のお金も必要です。ただ、それ以上にやっぱりお金じゃないところに一番価値を感じていて、それをとにかく自分のものにしたい。

だからこそ、新しいチャレンジをすることは負荷がかかるとわかっていてもあえてそこに飛び込みたいし、その覚悟はしています。

 

偉そうにものをいう自分が本当に嫌い

偉そうにものをいう自分が本当に嫌い

僕が新しいことにチャレンジし続けたいって思うもう1つの理由が、できると思っている自分を否定したいという気持ちがあります。

これは、心の弱さが原因だと思いますが、僕は学んでいくといろいろできることが増えていきます。そうすると、ある程度自信がついてきて、やれることも増えます。

そうすると心に余裕もできる。このタイミングで謙虚さがなくなってしまったり、どこか偉そうにものを言う自分がいます。

変えたらいいと言われるかもしれませんが、それができなくてずっと自分に腹が立っていました。新しいことにチャレンジして、全く違う分野に飛び込んだら、その分野では新人になれるわけです。

そうするとわからないことだらけになって、当然自分の力不足を実感する。そうすると今までどれだけ自分が偉そうにもの言っていたのかに気づけるし、謙虚さをもう1回感じることができる。今はここにいる気がします。

 

変わりなんてなんぼでもいる。だからこそ今の時間を大切にしたい

変わりなんてなんぼでもいる。だからこそ今の時間を大切にしたい

この記事を読んでいただいている方も、僕じゃなくてももっと他に優秀な方もいるでしょうし、世の中にはすごい人なんて山ほどいる。

だから自分なんてちっぽけだなって思うんですけど、それでも今という時間をこの記事を読む時間に使っていただいているわけじゃないですか。

そういう方の時間をいただいているわけだから、そんな方には少しでも何かを感じてもらいたいなって思うんです。

僕ができることって、背中をポンッと押すことぐらいしかできないし、そんなたいそうなこともできないと思います。だけど、「やればきっと変われる」ということだけは伝えられると思います。

なぜなら、不器用な自分でもなんとかここまでできているので、読者の方であればきっと大丈夫だと思います。

 

「まずやってみる」という精神を大事にこれからも生きていきたい

「まずやってみる」という精神を大事にこれからも生きていきたい

後先考えずでやってみるということではなくて、「準備ができてからやる」というのであれば「まずやってみる」ということはすごく大事なことだと思います。

なぜなら本当にやりたいと思う環境に入ってみないと本当に必要なことが見えないし、環境を変えてしまったらもうやるしかない状態になります。

そこまで腹をくくれれば、あとはやるだけです。この環境こそ僕は大事だと思っていて、僕の場合は、それが家族がいてもその腹のくくり方は変わりませんでした。

当然生活があるのでそれは守らないといけないし、新しいチャレンジをするといろんなものを背負わないといけない。怖さや不安もある。

でもそれらと比べて将来後悔するということを天秤にかけると、今リスクをとってやりたいことをやろうと思う。失敗も許されない。

だけど、それと向き合って挑戦すること、家族を守ること、自分の納得する生き方をすること、全て理想に近づけていきたい。そのためには、もう行動し新しいチャレンジをする以外選択肢はない。

僕はこれからもこういう生き方をして、自分が納得した生き方をしていきたいし、家族を本当に幸せにしたいと思う。

 

最後に

長年僕は野球をしてきましたが、未練のある中で料理人になりました。もしかすると読者の方の中には、スポーツの世界で飯を食っていきたかったと思っている方もいるかもしれません。

そういう方がいればぜひ、スポナビ をご覧ください。ここはスポーツ業界に絞って転職をサポートしてくれますし、本当にやりがいの仕事ができるようになると思います。

また新しいことにチャレンジするとなればある程度学んでおくことも大事だと思うので、通勤時間で学べる講座 通勤時間で学べる講座なども活用してみてください。

この記事でお伝えしたかったことは、一番自分が納得する生き方をしてほしいということです。僕もずっとモヤモヤしたり、納得できない時間がここ1年ぐらいずっとありました。

だけど、今やるべきこと、進むべき道が明確になったので、その部分に関しては気持ちもすっきりし、かなり負荷はかかっていますけど、充実しています。

新しい1歩を踏み出すきっかけになれば嬉しく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

\スポーツ関連の転職紹介なら!スポナビ/

\PT/OT/STの転職紹介ならマイナビコメディカル/

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。