ふくらはぎの内側に筋肉がついているように太く見える原因と改善について

ふくらはぎの内側に筋肉がついているように太く見える原因と改善について
ふくらはぎ
40代女性クライアント
ふくらはぎの内側に筋肉がついているように見えて太いんですが、改善したいです。細くできますかね?

事務仕事をされる女性から相談されました。この方のふくらはぎの内側は、実際に筋肉がつき太くなっていることと、むくみやねじれも関係して太くなっていました。

この方は1年間レッスンに通われ、随分ふくらはぎが細くなってきました。実際にレッスンで行ったことは、

  • ふくらはぎの内側が太くなる原因を理解してもらう
  • まず筋肉を緩め、脚のねじれを改善する
  • 立ち方、地面を突くような歩き方を改善する
  • ちょっとだけダイエットをする

という流れです。

この記事では、クライアントさんに指導したこと、ふくらはぎの内側を細くする方法、読者の方ができる改善方法などをお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

ふくらはぎの内側が太くなっていた原因

ふくらはぎの内側が太くなっていた原因

今回のクライアントさんは、

・40代女性
・仕事:事務職
・運動歴:ほぼなし
・身体:細身だけど、下半身は太め。むくみあり。

こんなイメージの方です。

ふくらはぎの内側が太い原因=筋肉がついていた

この方のふくらはぎの内側が太くなる原因を探している時、気になったのが歩き方です。

特に右側のふくらはぎの内側が太かったのですが、歩くときに、

脚を前に出して歩き、地面を突くように親指の付け根あたりから着地している

ことが見えました。

これが一番の原因だとすぐに分かりましたが、少し詳しく解説します。

筋肉はブレーキをかける動作をすると太くなる

歩くときの着地ぐらいで太くなるの?と思う方もいるかもしれませんが、筋肉は地面を突くような歩き方をするだけでも筋肉がつき、太くなります。

イメージ的には、こんな感じです。

つま先から着地

筋肉は負荷に関係なく、ブレーキをかけるような動作をしてしまうことで、筋肉が太くなる刺激となるため、このクライアントさんのふくらはぎの内側が太くなる原因は、主にこの歩き方が問題でした。

この地面を突くような歩き方になっていることで、ふくらはぎの内側の筋肉が太くなっていました。

さらに脚のねじれもあった

さらに、立ったときや歩くときにつま先が若干内側を向く癖があり、脚をひねりながら姿勢や動作をすることで、脚がねじれてしまい、ふくらはぎの内側が太く見えていました。

歩き方

ふくらはぎは、本来後方に膨らみをもっているため、脚がねじれていない状態であれば特に太さは目立ちません。

ただ、脚がねじれ、そこに筋肉がついているとなれば、ふくらはぎの内側が目立ってしまい、太くなっているように見えてしまいます。

むくみもひどく、それもふくらはぎの内側が太く見える原因だった

さらに、事務職なため、どうしても座りっぱなしの仕事が続き、むくみもひどい状態でした。

ここまでのことをまとめると、この方のふくらはぎの内側が太くなる原因は、

①地面を突くような歩き方が原因で、筋肉がついていた
②姿勢や動作の影響で、脚がねじれてしまっていた
③循環が悪くなり、むくんでいた

この3つが原因で、ふくらはぎの内側が太くなっていることが見えてきました。

個人によって原因は変わる

あくまでも、このクライアントさんの場合はこういった原因でしたが、ふくらはぎの内側に悩まれている方は、まず原因を明確にしてほしいんですね。

そのためには、専門家やプロの方にカウンセリングをしてもらうことをおすすめします。この原因は人によって違っていて、この原因を見誤るとこの後する方法が不適切なものになってしまいます。

ただ、読者の方とすれば「いきなり料金を払うのは少し抵抗が・・・。そもそもどこに行ったらいいかわからないし。」という気持ちもありますよね。

そんな方は、シェイプスさんか、エクスリムさんなどの無料体験を受けてみてください。無料体験の質が非常に高いです。

特にシェイプスさんは、原因をみつけるカウンセリングに2時間使うこともあるそうで、それだけ徹底して身体を見てくれますし、無理な勧誘もしません。

無料体験なので、その後の入会は考えなくていいですし、ここではまず原因を知ることを目的にすれば、自分でも十分変化のきっかけを得られるはずです。

その他の無料体験ができるおすすめのジムをまとめると、

シェイプス
→女性専門。全国にあり、圧倒的な女性の身体作りの実績あり。カウンセリングの質の高く、的確なアドバイスがもらえ、無料体験でもかなり親身。

エクスリム
→男女兼用。関西・関東にあり、姿勢や動作、生活習慣の問題点の分析に優れている。

リタスタイル
→男女兼用。九州・岡山にあり、とにかく相談しやすく、人見知りの方におすすめ。一番丁寧。

こういったところがおすすめで、まずは原因を明確にすることで、ふくらはぎの内側を引き締めるために必要な方向性をバチッと決められるようになります。

 

ふくらはぎの内側を細く引き締める方法

ふくらはぎの内側を細く引き締める方法

ここからは、できるだけ読者の方にも改善方法が実践できるようにお伝えしていきますが、基本的にはレッスンではすべて僕がクライアントさんに対して行っています。

テクニックの差で少し結果は変わると思いますが、十分変化を感じていただけると思うので、ぜひ実践してみてくださいね。

いずる
1番のポイントは、リラックスして気持ち良く行うことです!そうすると、より変化を実感できると思います!

脚の捻じれを改善する

  1. 仰向けになり、足を肩幅に開く
  2. 右側の外くるぶしを軽く地面にこするように膝を曲げていく
  3. 股関節が緊張しない位置まで引き上げる
  4. そこから同じように外くるぶしを地面にこするように膝を伸ばす
  5. 膝が伸びきると同時ぐらいのタイミングで太ももを内側に捻る
  6. 元の状態に戻り、再度繰り返す
  7. これを2分、できる方は5分行う

※地面が滑りの悪い場所だと、股関節周辺が緊張して捻じれが改善しづらくなります。できれば布団の上や靴下を履いてフローリングなどで行ってみてください。

ふくらはぎの筋肉を緩める方法 -足首回し-

  1. 椅子に座った状態で、脚を組む
  2. 足首から先を出し、片手はつま先、もう一方の手で踝付近を抑える
  3. ゴリゴリ鳴らない程度に、気持ち良く足首を回す
  4. これを2分間行い、逆方向へ2分行う

ふくらはぎの筋肉を緩める方法 -筋肉を揺らす-

  1. 片膝、もしくは両膝を立てる
  2. 膝を90度ぐらい、もしくは一番楽に感じる状態に膝を曲げる
  3. ふくらはぎの筋肉がブラーンとぶら下がっている状態でスタート
  4. ふくらはぎを軽く揺らす

特にこの3つ目の動画を、時間をかけて行っていただくことでより張り感は改善され、むくみが改善されるので、1回でも十分ふくらはぎは細くなります。

実際クライアントさんにも日頃のケアとしてこの3つはしていただきましたが、この3つ目は少し難しかったそうです。

そんな方は、アセチノで筋肉を揺らせば簡単に効果が実感できるので、これを使ってみてください。

この3つを行うことで、

脚のねじれやむくみが改善できる

ので、ふくらはぎの内側はある程度細くなります。実際にレッスン中、クライアントさんは、

クライアント
筋肉を緩めるだけで、ふくらはぎって細くなるんですね。脚、すごい軽いです!太ももの外側も細くなっていますね!

と言われていました。

さらにむくみの改善をするためにお伝えしたこと

もう1つ日頃のケアとして行っていただいたことは、寝る前に仰向けになっての腹式呼吸です。

イメージ的には、こんな感じです。

研究で分かったことですが、むくみは仰向けになり重力から解放された状態で腹式呼吸をすれば改善できるそうです。

さらに、先ほどお伝えした動画と合わせて行うと、かなりむくみはスッキリします。

寝る前に行っていただき、このタイミングでスラリスリムなどの着圧ソックスを履くと、よく朝までスッキリ状態を維持できるので、このタイミングで着圧ソックスを使ってみてください。

いずる
ちょっとマメ知識!

むくみが長い間続いている場所ほど、脂肪がつきやすくなるということが研究からわかっています。だから、むくみが発生しやすい脚は、下半身太りと言われる症状が起こりやすいのかもしれませんね。

いずる
つまり、むくみも軽視しないでね!ということです!

レッスンでは、こんな流れを実践したり、ご指導をし改善に取り組んでいきました。

実際レッスンを1年間通われていますが、サイズを測っていないので具体的な数値はわかりませんが、パンツのサイズは2サイズ下がったそうです。

しかも、しんどいこと、きついトレーニングは一切していません。一番お伝えしたいことは、やはり原因を明確にすることがいかに大事かということです。

 

ふくらはぎの内側を細くするために根本原因を取り除く

ふくらはぎの内側を細くするために根本原因を取り除く

こういったことをしていきながら、さらにふくらはぎの内側が太くなった根本原因である、姿勢や歩き方についてお伝えしていきました。

この方にお伝えした、立ち方や歩き方はこちらにまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

✔立ち方を習得する4つのステップ【骨で立てば楽】

✔歩き方の改善はシンプルに考えるべき【ぶらぶら・スーでOK】

ここまでの流れで、

①原因を理解していただくこと
②筋肉を緩め脚のねじれ、むくみを改善する
③根本原因である立ち方や歩き方を改善する

ということができ、これを継続することでふくらはぎの内側を細くすることができました。

筋トレは必要ないの?

ここで疑問が浮かぶ方もいると思いますが、筋トレはしないの?ということですが、今回は必要ありません。

なぜなら、

歩き方が原因で筋肉がついてしまっていた

ことが悩みの1番の原因なわけで、筋肉は刺激を受けなければ細くなっていきます。

ですので、今回の改善点は、ふくらはぎの内側の筋肉が刺激を受ける歩き方を改善すればいいわけです。ですので、トレーニングは特に必要ではなかったので、今回は行っていません。

いずる
原因が違えば、もちろんトレーニングをする場合もありますけどね!

 

ふくらはぎをさらに細くしたいということでダイエットも実施

ふくらはぎをさらに細くしたいということでダイエットも実施

順調にふくらはぎの内側が細くなっていき、モチベーションも上がってきたので、そのタイミングで少しダイエットをしていただきました。

そこで脂肪を落とすことでさらにふくらはぎの全体が細くなっていきました。

もしダイエットをしたいという方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

✔半日断食をして8kgのダイエットに成功した記録のまとめ

✔ダイエット成功例から見るー16kgできた食事の摂り方について

もし自分ではダイエットが難しい方へ

読者の方で、ダイエットしたいけど自分では難しい、できないと感じる方は、専門家に指導を受けることが一番いいと思います。

今はいろんなサービスがあるので、少しご紹介しておくので、参考にしてみてくださいね。

FiNCプレミアム
→ダイエット指導の中で最も料金が安く実質0円(月額960円)。スマホで24時間365日何回でも受けられるマンツーマンプラン。2週間の無料体験あり。

シェイプス
→女性専門のパーソナルジムで全国にあり、無料体験も随時行っている。脚やせコースもあり、ダイエット&トレーニングの評判が良く、モニター特別価格もあり。

プライベートジムRIZAP
→お馴染みのジムであり、ダイエット目的であればほぼ100%の確率で成功します。リバウンドへのケアができれば、かなり変化が期待できます。

 

お尻のたるみはスパッツをうまく活用するとヒップアップする

お尻のたるみはスパッツをうまく活用するとヒップアップする

さらにレッスンの中でクライアントさんから、

クライアント
いずるさん・・・お尻のたるみも気になるんですけど、何か簡単でいい方法ないですか?

と聞かれたので、スパッツの活用方法をお伝えしました。

脂肪は一定期間移動させるとヒップアップする

たるみって簡単に言えば脂肪なんですね。脂肪って、移動させた位置で一定期間維持させると、その位置に定着する性質があるんですね。

クライアントさんはトレーニング経験もなかったですし、主婦ですのでトレーニングを勧めるのは現実的ではないと思ったんで、スパッツを履いていただきました。

使い方は簡単で、お尻のたるみをご自身が理想とするお尻の形になるように脂肪を盛るように形づくります。あとは、この形をスパッツで日頃から維持するだけです。

大体実践していて1ヶ月ぐらいで変化が見られることがわかってきているので、クライアントさんにおすすめして実践していただきました。

クライアント
スパッツ履くと、たるみも隠せるし、少しずつ形が変わってきているような気がするので、これいいですね!

と言われていました。スパッツは、キュッとふんわりスパッツスリムシェイプがおすすめで、クライアントさんはキュッとふんわりスパッツを使われていました。

スパッツはどちらも試して、結果は両方とも良かったので、洋服に合わせて使い分けていただくといいのかなと思います。

こういう方法も付属でお伝えし、お尻のたるみも一緒に改善していきました。

 

ふくらはぎの内側を引き締める方法の考え方

ふくらはぎの内側を引き締める方法の考え方

最後に、読者の方もいろいろ悩まれていると思うので、さまざまな改善方法についてどのように考えているかをお伝えします。

ストレッチ=難しいのであまりおすすめできない

ストレッチをされる方も多いと思いますが、個人的にはあまりおすすめしていません。

ストレッチの目的は、筋肉を緩めることなので、方法としては間違っていません。ですが、かなり難しいテクニックなんですね。

ですので、僕は現場では一切ストレッチを行いませんし、筋肉を揺らす、気持ち良く身体を動かすこと方が簡単で結果も出るので、そちらをしています。

だから、この記事でご紹介した方法も筋肉を揺らしたり、身体を動かした方法でした。個人的には、あまりストレッチはおすすめではないですね。

マッサージも同じ考え方

マッサージもストレッチと同じで、やっぱりテクニックが難しいんです。

ですので、レッスンでも一切マッサージを行うことはありません。

トレーニングの必要性は原因によって変わる

トレーニングは必要な時もありますが、全ては原因ありきでトレーニングの有無を決めます。

ネットや雑誌を見れば、どこかで必ず、

身体を引き締めるなら、トレーニングをしよう!

的な記事を見かけますが、実際はそうとは限りません。ふくらはぎの内側で悩まれているほとんどの方は、おそらくトレーニングは必要ない可能性が高いと思います。

こんな感じですかね?もしこの方法はどう考えていますか?ということがあれば気軽にお問い合わせしてくださいね!

 

まとめ

まとめ

ふくらはぎの内側が太いと悩むクライアントさんに行ったことは、こんな感じのことでした。

実際今も通われているので、これからはまたやることが変わると思います。ただ、この1年間大まかにやったことをご紹介すると、こんな感じでした。

今回の記事をまとめると、

  • ふくらはぎの内側が太くなる原因を理解してもらう
  • 筋肉を緩め、脚のねじれやむくみを改善する
  • 家でできるケア方法を実践してもらう
    (動画の方法が難しい方は、アセチノを使うと簡単にできる)
  • 寝る前に着圧ソックス(スラリスリム)を履く
  • 根本原因である、立ち方・歩き方を改善する
  • さらに細くするためにダイエットを行う

こんな流れで改善していきました。

今回の内容を1つの参考例として、ぜひ何かお役に立てそうなことがあれば、取り入れていただき実践してみてくださいね。

毎回お伝えすることですが、何よりも大事なことは原因の発見です。そこが分かれば、ふくらはぎを細くすることができると思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

✔この記事でご紹介した無料体験が受けられるジムまとめ

シェイプス
→女性専門。全国にあり、圧倒的な女性の身体作りの実績あり。カウンセリングの質の高く、的確なアドバイスがもらえ、無料体験でもかなり親身。

エクスリム
→男女兼用。関西・関東にあり、姿勢や動作、生活習慣の問題点の分析に優れている。

リタスタイル
→男女兼用。九州・岡山にあり、とにかく相談しやすく、人見知りの方におすすめ。一番丁寧。

関連記事

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

<

関連記事